病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約情報
情報公開
バリアフリー情報
個人情報保護方針
ジェイコー版病院総合医(ホスピタリスト)育成プログラム~平成30年度募集中~
National Clinical Database(NCD)

お産を控えているママたちへ

お産を控えているママたちへ
コロナウイルスの感染予防のために、母親学級の開催が難しい状況です。
面会制限もあり夫立ち会い分娩も当分できません。

お産を前に不安な気持ちになっていますよね。
でも、お産は女性の体に備わった自然な営みです。
自分の産む力を信じて、赤ちゃんと一緒にお産を乗り越えましょう。

外出自粛で運動不足になりやすいですが、お産までに自分の体を整えましょう。
妊娠37週を過ぎて、赤ちゃんが2500g以上の大きさがあると言われたら
1.毎日、四つ這いで床の雑巾がけをしましょう。壁も冷蔵庫のドアもぴかぴかに磨きましょう
2.スクワットを5回くらいから始めて、連続30回できるようにしましょう
3.3kgの赤ちゃんを抱っこして、座ったところから立ち上げれるように、リュックにペットボトルを入れて散歩しましょう、
  最初は500mlから始めて、お産までに2Lのペットボトル2本4kgが目標です
4.深呼吸の練習をしましょう、好きな音楽を聴きながらリラックスして、長く息を吐き、深く吸う練習です
  肋骨が上下に動くのを感じながら、自分と赤ちゃんを感じましょう
5.おっぱいのマッサージをしましょう


パパが側に居なくても、赤ちゃんを今までお腹の中で育てて守ってきたママなら きっと大丈夫
陣痛の時、赤ちゃんは子宮の出口探しています。苦しいのはママだけではありません、
ママの呼吸が赤ちゃんの呼吸、息は止めないで、息を吐いて、陣痛を乗り切りましょう

お産のときは、私たち助産師や母子センタースタッフが全面的にサポートします
産科の医師ももちろんいます
不安がつのる場合は外来保健指導でお話を伺います

あの震災の時も、台風被害の時も赤ちゃんは生まれています
今より困難な中で、たくさんのママが赤ちゃんを守り抜きました
だから、あなたも絶対できるはず、
自分を信じて、赤ちゃんを信じて、頑張りましょう


J C H O 相 模 野 病 院                          
周産期母子医療センター                        

 
 
 
 
 
 
PageTop